テントクリーニング研究所

よくあるご質問Q & A

テントが濡れたままなのですが、送っても大丈夫ですか?
大丈夫です。そのまま梱包していただいてお送りください。

ただし、輸送中の他のお荷物への水濡れ防止のために、ゴミ袋など大きめの袋で2重3重と厳重に梱包をお願い致します。

また、当店到着時に濡れている場合はカビや劣化防止のためにまず乾燥作業に入ります。

クリーニングのお見積り後にキャンセルとなった場合でも乾燥代金はご請求させ頂きますのでご注意ください。
品物の送り先はどちらになりますか?
下記、弊社宛てにお送りください。
〒910-0006 
福井県福井市中央1丁目14−9 canvas内 

テントクリーニング研究所 宛

TEL:0776-92-0579

店休日:日曜・祝祭日 営業時間:10:00〜17:00
着払いで送付しても大丈夫でしょうか?
大丈夫です。当店までの送料はこちらで負担させていただきます。(乾燥サービス除く)

返送の際の送料は別途1,500円〜必要となり、お見積もり時にご連絡させていただきます。

お見積もり後のキャンセルの場合は、着払いでお送り頂きました送料もご請求させていただきます。
送る前にだいたいの費用を教えてもらうことはできますか?
はい。メーカー・製品名などをお問い合わせフォームもしくはLINEにてお送りください。

概算のお見積もりを出させていただきますので、金額にご納得いただきましたらお申し込みをお願いします
キャンプ場から直接送ることは可能ですか?
可能です。お申し込み後、キャンプ場から着払いにてお送りください。

乾燥サービスご利用の方でキャンプ場からは着払いでしか送れない場合もそのままお送りください。

お見積り時に別途ご請求させていただきます。
直接キャンプ場へ送っていただくことはできますか?
キャンプ場へのご連絡をさせていただき、キャンプ場への受取が可能な場合お送りすることができます。
加水分解のベタつきや臭い、カビは軽減できますか?
当店では、加水分解やカビの除去は行っておりません。ベタつきのひどいテントはクリーニング作業と加熱により状態が悪化する場合もございます。

到着後に作業をお断りする場合もございますので何卒ご了承をお願い致します。

※お見積もり後のキャンセルの場合は往復送料もご請求させていただきます。
フライシートのシームテープが剥がれたり浮いたりしています。
劣化したテントの場合、クリーニング作業中にシームテープが剥がれて表面に付着しますと、粘着性のシミが付着します。

そのため、状態によっては作業をキャンセルさせていただくか、シームテープを全て剥がして作業する場合がございます。

シームテープは防水性を維持するために必要ですので、お客様ご自身にて再施工をお願い致します。
煤(スス)や油汚れはおちますか?
当店では水洗いを行いますので、煤や油汚れ、樹液などの汚れは除去できません。

泥汚れなどはスッキリと落とすことが可能です。
撥水加工はどんなテントでも可能ですか?
なるべく撥水力が復活できるように作業を進めますが、経年で劣化した幕体などは

撥水加工の過程での熱処理でシームテープ剥がれや防水幕の状態を悪化させることがあるため、

万全の熱処理ができず、撥水力が復元しない場合がございます。

また、山岳テントや軽量テントなどナイロン系の幕体は撥水加工が効かない場合が多くございます。
撥水加工はどれくらいの期間効きますか?
テントの使用頻度や使用状況などにより大きく変わります。

一般的に撥水加工は摩擦などに弱いため、3〜5回程度の使用を想定しています。

また、加工時の幕体の状態や保管状況によっても変動しますので一概にどれくらいとはお応えできません。
穴やファスナーの補修はしていますか?
当店では補修や修理は行っておりません。ご了承お願い致します。

COPYRIGHT © テントクリーニング研究所, ALL RIGHTS RESERVED.

PAGE
TOP