テントクリーニング研究所

レポート Report

カビ除去のご依頼が増えております。

久しぶりの投稿となりました。。

いよいよ春のキャンプシーズン到来ですね。
今年はコロナの影響もあり、屋内でのイベントがどんどん自粛される中、
大自然の中でのキャンプがこれまで以上に脚光を浴びていますね。

さて、最近はキャンプ場様からのご依頼も多く頂くようになりました。
その中でも多いのが、「常設テントのカビ除去」です。

こちらの画像は、茨城県のキャンプ場様からお預かりしたノルディスクのアスガルド。
グランピング施設として常設してた大切なテントです。
しかしながら、昨年秋の台風の影響で甚大な被害に遭われました。
管理棟をはじめ、施設のほとんどが流されるという壊滅的な被害の中、唯一流されずに
残っていたアスガルドも避難の際にブルーシートの下に保管したためご覧のように
カビが生えてしまいました。

こちらについて、当店でクリーニングとカビ除去、さらに撥水加工を施工させていただきました。

幕体への損傷を抑えるため、完全な除去には至っておりませんが、クリーニング前の状態と比べると
見違えるような仕上がりとなりご返却させて頂くことができました。

ポリコットン幕はカビが発生しやすい素材ではありますので、お困りの際は一度当店まで
ご相談いただければ丁寧に作業させていただきます。

なお、カビ除去は薬剤を使っての処理となり、少なからず幕体への影響がございます。
また、完全な除去は困難となります。
作業工程も複数の工数が必要となるため、通常よりも高額となります。
ぜひ、お申し込み前に一度お問い合わせ頂ければと思います。

前のページに戻る

COPYRIGHT © テントクリーニング研究所, ALL RIGHTS RESERVED.

PAGE
TOP