テントクリーニング研究所

レポート Report

テントのクリーニングって必要?

待ちに待ったゴールデンウィーク!

さぁキャンプの準備をしようとテントを出してみたら、ちょっと臭う。。。
幕を広げてみると、思っていた以上に汚れが目立つ。。。

そのような経験ございませんか?

 


 

テントって片づける際にはあまり気にならなかった汚れも、乾燥が進むにつれて
土汚れが表面に出てきたり、あるいは、なかなか乾燥の難しい内側部分からカビが
発生して、数カ月経過すると臭いが発生したり、幕体裏側が湿気によって
加水分解してベタベタしてきてしまいますね。

このような劣化を防ぐためにも、キャンプが終わってご家庭に持ち帰ったら、
固く絞った雑巾などで丁寧に拭いた後、陰干しするのが効果的です。

ランドロックなどの大型のテントですと、カーポートの車に被せて乾燥したり
する方もいらっしゃいますね。

ただし、忙しい方や場所のない方にとっては難しいもの。

 

 

乾燥だけでしたら、メーカーが乾燥サービスを行っていたりしますが、
自社以外の製品は受付してもらえなかったりします。

そういう場合は、やはりプロにお任せするのが一番です。

テント専門でクリーニング・撥水加工のサービスを行っている、
当テントクリーニング研究所では、撥水加工までは必要のない状態のテントに
ついては、クリーニングと乾燥だけも喜んでお受けします!

毎回使用後とは言わないでも、年に一度はプロのお洗濯・乾燥サービスに
お任せしてみてはいかがでしょうか。

前のページに戻る

COPYRIGHT © テントクリーニング研究所, ALL RIGHTS RESERVED.

PAGE
TOP

CLOSE
CLOSE